2018年04月10日

中間管理職の生きる道

今、日本は空前の人手不足と言われています。

それなのに、中間管理職の解雇や希望退職を募る企業が増えています。
なぜでしょうか。

1、それなりに給与が高い。
2、組織の年齢構成のバランスが悪い。
3、モチベーションが低い。
こんな理由でしょうか。

給与が高いからコストを減らすという理由で退職を募るのは企業としてどうなのだろう。
今までのキャリアは企業にとって十分に価値を与える資産なのでは。

単なるコストと考えるのであれば、誰でもいいという事なのか。
それならば、ロボットを採用すればいい。

そのような企業が消費者から選ばれるとは到底思えないのだが。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 23:25| 秋田 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする