2018年05月16日

アメフトで反則プレイ

アメフトの決勝戦で反則プレイが。

しかも強豪で永遠のライバルの日大と関西学院大の戦いで、ラフプレイが出ました。
パスをし終わった無防備な選手に対して、後ろからタックルをしたのだ。

まさにスポーツマンシップに反するばかりか、全治3週間という重傷を負わせたのだ。
大学アメフトの強豪がこんな大それた不祥事を起こしたのだ。

監督は何を指導していたのか。
そして、学生はどうしてこんなラフプレイを起こしたのか。

人間として根源の素直な気持ちで行動して欲しいものだ。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 21:59| 秋田 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする