2018年09月11日

青春は幾つまで

青春は幾つ頃のことを言うのだろうか。

年令は関係ありません。
いつまでも希望と夢を持っていれば青春なのだ。

80才を過ぎてから新たに起業する人もたくさんいる。
一方で、60才で退職して悠々自適に毎日を過ごす人もいる。

ひとそれぞれ生き方は自由だが、青春はやりがいといきがいがあればいいのだ。
日々これ幸せな佳き日でありますように。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 23:25| 秋田 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする