2019年07月05日

地方の伝統行事や祭りの意義

資本主義になって評価基準が変わったようです。

全ては、お金。
利益や数値で評価する。

果たして、それでいいのだろうか。
例えば、生まれ故郷での行事や祭りには何とも言えない思い入れが強いはず。

その祭りに出たくて、わざわざ田舎に帰る人もいる。
それは幸せ指数でいえばかなり上位になる。

また金額に換算すると、交通費や時間あたりの働く給与に置き換える。
数十万円になるだろう。

やる気やモチベーションアップになるのだ。
全て数値で評価はできないのだ。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
posted by 寺田匡宏 at 22:16| 秋田 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする