2014年05月21日

世界の無電気の村に光を

パナソニックは、太陽光を蓄電するLED照明器具を10万台寄贈するプロジェクトを進めています。
この活動は2009年から始めており、世界中の人達から喜ばれています。

日本企業の低迷ばかりが取り沙汰されていますが、このような活動を5年も前から進めていたなんて誇らしいではありませんか。さすがはサムライ日本です。
電気の無い村では、せっかく教育を受けたい子供達は勉強ができません。また働きたい大人も暗くて見えないので働けないのです。

そんな状況を知ったパナソニックは、無償で寄付し続けているのです。
また、途上国の電気店にもこの照明器具を卸し、都市部の人達も買えるような取り組みもしています。

今日、私は日本で買える店を教えてもらおうと思いパナソニックにメールしました。
するとすぐに電話がきました。
このソーラー照明器具は、『あくまでも無電気の村への寄贈が目的で開発されたものであり日本国内での販売は行なっていない』との事でした。
私は、是非日本国内でも販売して頂けるようにお願いして受話器を置きました。

日本人に誇りと希望を燈して欲しいのです。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
【関連する記事】
posted by 寺田匡宏 at 22:35| 秋田 ☔| Comment(0) | 世界で活躍する日本企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: