2014年06月07日

秋田同友会の経営指針を創る会

今日と明日の2日間、経営者の勉強会に参加するため合宿です。

今年は8社の経営者が約6ケ月に亘り自社の経営理念•経営方針•行動計画を作成します。
この講座の最大の特徴は、助言や質問などをするメンバーが全て経営者で自分達もこの講座を受講した経験者であるということです。

全ての人が実際の経営をしているのですから、命を削って得た経験からくる魂の言葉と行動です。
それは、厳しい言葉だったりお互いの会社に訪問したりするお節介が極まりないのですが、これほどまでに真剣に自社の経営を考えることは無いでしょう。

熱く激しい時間が始まります。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 22:13| 秋田 ☁| Comment(2) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱く激しい時間でした。感想を言う事・質問をする事がこんなに難しいとは思いませんでした。今回の方は皆性格がよく、指針で言うなら人間性が優れた方?に見えました。また、でも、それだけではダメなんだな・・とも思います。だから苦しんで悩んで(自分も含め)答えを探しにここに集ってきている。考えさせられます。
Posted by 伊藤 at 2014年06月09日 13:29
受講後に修了生として参加すると、また違った学びと気付きが得られたのではないせしょうか。そして来年再来年と月日を経てさらに感覚が変わっていきます。
悩みや課題の質が変わります。
Posted by 寺田匡宏 at 2014年06月09日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: