2014年06月19日

ニーズがあってこそ成立つ

今日、いつものクリーニング店に引き取りに行くと、ズボンの汚れが落ちていなかった。

「これは落ちなかったのですか」と尋ねると、
「これ以上は生地を痛めるので、控えさせていただきました」と。
「時間をかけてもいいので、落とせますか」と聞くと、
「わかりません」。

これでは埒があかないと思い、お金を支払い他のクリーニング店に持って行き、事情を話しました。
「わかりました。やってみますので、2週間のお時間を頂けますか。代金は1500円になりますが、出来上がった状態を見てもらった時に納得して頂いたら頂戴致します」と。

この対応を望んでいたのです。
汚れを落とせないクリーニング店にお金を払う人がいるのでしょうか。
前出のクリーニング店は、汚れが落ちなかったのに代金を取られました。
約2年ほど利用してきましたが、二度とこのお店には出しません。残念です。

人のふり見て我がふり直せ。
私は役立つサービスをしているのか、ハッとさせられました。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 19:18| 秋田 ☁| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: