2014年06月23日

議会での野次問題

東京都議会での女性議員の一般質問中に、「結婚しないのか」という野次を飛ばした鈴木議員が今日になって謝罪した。謝罪するのは当たり前だが、他にも野次を飛ばした議員はどうなるのか。自民党はこのままうやむやにしようとしているのか。

私も秋田県議会、秋田市議会、町議会と傍聴したことがあるが、今回と同様に心ない野次が飛び交っています。
初めて傍聴した時は、あまりの驚きに腹立たしくなり大声で叫びたくなったのを思い出します。
議会運営では、傍聴者は静かに発言しないで聴くことが義務付けられているのに、議員は野次を飛ばしても許されるのでしょうか。そんなことはあり得ないですよね。

しかも何のために議長が黙って見過ごしているのかも疑問です。
そろそろちゃんと議会をやりましょうよ、全ての議員さんに言います。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 22:19| 秋田 ☁| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: