2014年07月26日

人財の宝庫旭硝子(カンブリア宮殿)

世界最大手ガラスメーカーの旭硝子は、技術者の知恵と研究こそが卓越した企業です。

ブラジルで開催されたサッカーW杯でもチームが座るベンチの屋根には旭硝子のガラスが使われ、その技術力と性能をいかんなく見せつけました。

私達の知らない所で、いろんな場面でガラスが使われています。
携帯電話を落として割ってしまう事故が相次いだので、割れにくいガラスを開発してほとんどの携帯電話に使用されています。また、日光の熱をためないで熱くなりづらいガラス、光が反射しづらくて中が見えやすいガラスなどさまざまな製品が開発さています。

世界中にいる約10万人の社員のプロフィールデータベースがあるので、分野別に得意なメンバーを検索しプロジェクトを組み商品開発するシステムが機能しています。

まさに商品開発をする人財こそが旭硝子の秘密です。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 22:23| 秋田 ☁| Comment(0) | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: