2014年09月30日

婦人服店の経営支援A

前回から婦人服店の経営支援について話しています。

まずは現状認識をしました。
決算書をどこまで把握していて、どの部分が問題で改善するべき部分はどこかをさがします。

ほとんどの場合、決算書を理解していないしどこが問題なのかを全く把握していません。
まずは売上を上げなければいけないという呪縛にとらわれていて、わずかな糸口を見出せないのです。
よくよく分析すると、1日2人のお客様で利益15000円を達成すれば赤字にならないという事を説明すると、今までの苦しく辛そうな表情がぱあっと明るく朗らかになりました。

気持ちが前向きになれたので、これからの販促について考えられる素地がようやくできました。
さて、次回は具体的な策について考えたことをご紹介します

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
posted by 寺田匡宏 at 21:51| 秋田 ☀| Comment(0) | 販促 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: