2014年11月08日

経営指針発表会

所属する秋田県中小企業家同友会主催の第7期経営指針を創る会の発表会が行われました。

約半年間、自分や自社を見つめ直し経営の目的や企業の存在理由を見付け、経営理念、方針、行動計画、数値計画を作成します。

難儀するのが経営理念の作成です。
講座では理念作成のポイントとして、科学性、社会性、人間性の3方向で作ることを推奨しています。
科学性とは企業の商品、社会性は自社が活動する事で描く世の中、人間性はその企業を構成する社員はどのような人かという観点から作成します。

発表会には親、奥様、社員、などを呼んで、感謝と決意を発表しました。
それ受けて、あまりに嬉しさに涙する社員、初めて夫の仕事と考え方を知り安心する奥様、成長した息子に安堵する親の姿など、感動の嵐です。

企業経営は、政策転換や天災、社員の退職や競合企業の出現など、さまざまな難題が降り注ぎます。
それを乗り換えるために必要なものが経営指針書に詰め込まれています。

さあ、これからが本番、実践して良い会社にして社員さんと地域を幸せにしてください。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
posted by 寺田匡宏 at 22:12| 秋田 ☁| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: