2018年05月15日

チップという文化

アメリカはチップを払うのがルール。

しかし、今このチップについての議論が沸き起こっています。
チップは給与明細に反映されないので、実質の脱税になります。

また雇用主も使用人もチップを見込んで給与を計算しているので、廃止になると給与の見直しをせざるをえません。
それが、価格に比例して値上げになります。

長年続いた習慣や慣習はなかなか変えるのが難しいものです。
果たしてどういう決着になるのか、注意していきたいものです。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 21:54| 秋田 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: