2014年09月14日

経営者同志の関わり

昨日今日と経営者のための会に参加しました。

受講した経営者は、自社をもっと良い会社にしたいという想いで参加しいています。
その真摯な迫力に巻き込まれ、お互いに自社を良い会社にしたいという想いで魂をぶつけ合います。
自社を良い会社にしたい、自分が勤める会社に誇りを持ち自分の子供も働いて欲しいぐらいの自信です。

経営者は自らの人生と生命の全てをかけ財産をなげうって、社員の幸せのために尽くす覚悟で経営しています。
そして経営者は孤独です。経営者の想いはそれ以外の社員は絶対にわかりません。それは、多額の借金を背負っているからです。

11月の指針発表会が楽しみです。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 22:15| 秋田 ☀| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

秋田の偉人、白瀬矗

秋田県にかほ市の偉人【白瀬矗記念館】に行きました。

白瀬矗は秋田県にかほ市出身で、日本人として初めて南極到達に挑みました。
お寺に生まれたが11才の時に、僧侶にはならず極寒の北極点を目指すことを決意する。そのため軍人になり戦地に行くことを逃れるも外国の探検隊に北極点到達を先に実行されると、一転して南極点踏破に目標を切り替えた。

国からの資金が集まらない、同行した犬達が途中で病死してしまう、など数々の苦難にも負けず挑戦するも、氷に覆われて南極点には到達できず帰国する。しかも残った膨大な借金(当時のお金で約4万円は現在の約1億4千万円)をその後22年(52歳から74歳)かけて完済。

しかし生まれたにかほ市に居を構えることは無く、間借りしていた愛知県の鮮魚店2階で静かに亡くなりました。
50歳を過ぎてから莫大な金額の借金を返済した22年間は壮絶で南極探検以上の苦難だったと思います。

にかほ市は彼の生き様を後世に伝えることで、人々の生きる指針になることでしょう。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 20:57| 秋田 ☁| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

お客様から選ばれる理由

お客様から買って頂く選んで頂く理由は何でしょうか。

それは商品がお客様にとって価値があるからです。
美味しい、すぐ手に入る、自分では作れない、直せない、などの理由でその価値を買っています。

しかし、現代社会においてそのお店でしか買えない商品はありません。
ではどのお店から買うのでしょうか。

お客様は商品の価値を求めてはいますが、それとは別に売り手の気持ちも求めています。
商品に対する愛情と自信、買って頂く気持ち、さまざまな気持ちや態度に好意を持つと買うスイッチが入るんだと思います。

そんな人が作り上げる売る商品だから価値が生まれるのではないでしょうか。
それを思い続けていきます。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 22:54| 秋田 ☀| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

嵐の前の静けさ

全国的に大荒れの天候が続いています。

ところが今日の夕方から嘘のように静かです。
天気予報では、日曜日の午後から12日にかけて台風が東北に接近して大荒れとのこと。

まさに嵐の前の静けさでしょう。
戦いの前には静かに考慮して備えろと言わんばかり。

明日はプレゼンがあるので、今夜はしっかりと練習しておきます。
心静かに備えを万全に。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 21:58| 秋田 ☔| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

負けに学ぶ

スポーツの夏、毎日各地で熱戦が繰り広げられています。

夏の全国野球選手権大会の石川県予選決勝でとんでもない試合が行われました。
最終回を残して8対0でもはや誰もが勝敗は決したと思ったことでしょう。
しかし、9回裏それをひっくり返して9対8のサヨナラ勝ちを成し遂げたのは甲子園の常連校である星稜高校。

負けた小松大谷高校は、今だに信じられないのでは無いでしょうか。
野球を見たくない、最後には失敗するなどのトラウマになりかねないほどのショックを味わったと思います。

だからこそ、これからの人生に大きく役立ったはずです。
少しくらい順調にいっても、油断しちゃいけないと。
最後の最後まで何が起こるかわからないから、諦めてはいけないと。

負けたチームや選手こそ大きな財産を得ているのです。
挫折など苦しい経験をした人はそれを活かせるのですから。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 23:10| 秋田 ☀| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

あの店が閉店していた

以前、住宅街の高級長靴を販売しているお店の話しを覚えていますか。
あの後2度ほど行きましたが親密な関係にはなれませんでしたので、販促の提案まではできませんでした。

今朝、ウォーキングした時にその店の前を通ると、『閉店』の貼り紙が。
開店して半年で閉店してしまったのです。

あのままでは今年は持たないと思っていたのだから、もっと親身に話しを聞けばよかった。
悔やんでも悔やみきれません。

明日からは、見て見ぬ振りは決してしません。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 21:37| 秋田 ☁| Comment(3) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

経営者仲間と定期的な勉強会

今日は3ケ月に一度の経営者仲間との勉強会です。
4年前に自社の経営に悩み、ある講座でたまたま一緒に勉強した仲間です。

それ以来、定期的に集まって互いの経営状況を客観的に意見しています。
目的は自社と関わる仲間の会社も同様に経営を永続的に成長させることであり、ひいては地域の人々の幸せに寄与する事です。

人は変わることを嫌います。
それは大きな負担と努力が伴うからです。さらに他社へ意見することは、自分への戒めと約束にもなります。
しかし、企業の目的を達成しようと思えば、現状を変えなければ打開しません。

次回は10月。
どのように変わっているでしょう。

(合資会社寺田屋HPはhttp://www.go-teradaya.com
(寺田匡宏のFBはhttp://www.facebook.com/masahiro.terada1
 
posted by 寺田匡宏 at 22:21| 秋田 ☁| Comment(4) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする